PICK UP NEWS! 【速報】コインチェックが緊急記者会見!リアルタイムで記者会見の内容を速報をお届けします。

仮想通貨最新情報 初心者のための仮想通貨

イーサリアムの送金詰まり。各取引所にまで影響が|仮想通貨の初心者による投資23日目!

投稿日:2018年1月6日 更新日:

イーサリアムで送金詰まりが起こりました。その送金詰まりが各取引所にまで影響を与えています。

送金詰まりにより、コインチェックなどの取引所に影響が起こっています。
そのため、仮想通貨の買い時を逃してしまったユーザーたちが爆発しています。

一旦、落ち着いてこの記事を見ていただけたら嬉しいです。
実は今回の送金遅延は取引所には責任ないです。
イーサリアムやビットコインの送金システムに限界がきていることが原因です。

ここ最近では、多くの方がイーサリアムやビットコインを使って送金を行なっています。
そのため送金詰まりが出ています。

では、なぜ送金詰まりが出ているのでしょうか。

この話にはまずビットコインのブロックチェーンを知る必要があります。
ブロックチェーンをご存知でない方は、過去ブログを読んでから下記を読んでもらえたらわかりやすいです。
このまま読んでもなるべく理解できるように記事を書きます。

  1. 目次
  2. 遅延が発生しているイーサリアムのシステムとは?
  3. イーサリアムの送金遅延はビットコインが原因?
  4. 仮想通貨の送金詰まりは取引所の責任ではないのか?
  5. では今後、どういう風に仮想通貨の送金詰まりを解消していくのか。
  6. 購入仮想通貨/本日のチャート (1/5)

遅延が発生しているイーサリアムのシステムとは?

送金の遅延が発生している原因はイーサリアムのシステムになります。
(※仮想通貨の名前はイーサであり、システムの名前がイーサリアムです。)
イーサリアムはビットコインと同じような送金システムを持っていますが、ビットコインより優れたシステムなんです。

また、送金の取引履歴を記帳することをブロックチェーンと言います。
ブロックチェーンは時間毎の取引履歴をまとめ1つずつのブロック(塊)とします。
そのブロック同士をチェーンとしてつなぎ合わせる仕組みのことです。

そうすることでデータを改ざんすると、チェーンに繋がれた前後のブロックを改ざんしなければなりません。
もしブロックの改ざんを行うと、さらにそのチェーンに繋がれたブロックも改算され、それが延々と続いてしまいます。
この様に、1つのブロックをチェーンでつなぎ合わせることによりデータを改ざんすることができない仕組みになっているわけです。

このブロックチェーンでの処理に時間がかかってしまい遅延が起こっています。
では、イーサリアムとビットコインでシステムのパフォーマンスを表にします。

イーサリアム ビットコイン
ブロックチェーンの生成時間
約15秒~17秒 約10分
送金スピード
約4分〜約9分 約20分
1秒間の処理能力
6件 15件

このようにイーサリアムはビットコインより優れたパフォーマンスを持っています。
しかし、なぜ今回遅延が起こったのでしょうか。

上記の表を見ていただいたらわかるように仮想通貨の処理能力には限界があります。
ビットコインで1秒間にたったの6件、イーサリアムでは15件です。

全く処理仕切れていないのです。

そして、イーサリアムの送金遅延の原因はビットコインの影響が強いです。

イーサリアムの送金遅延はビットコインが原因?

送金するには処理能力が必要になるので、利用者が増えれば増えるほど送金に対して遅延が発生してしまいます。
単純計算で、ビットコインでは一日の取引件数は最大で518,400件になります。

しかし、ビットコインは注目されすぎて実は約19万件も送金手続きが遅延しているんです。
知らなかったですよね。

ビットコインの送金遅延がなかなか解消されないので、多くの利用者がビットコインからイーサリアムに移り替え始めました。
イーサリアムに移り変えたのですが、それでも最近の仮想通貨フィーバーでなかなか送金遅延が解消されない結果となりました。
そしてとうとう、イーサリアムの処理能力も大幅に超えてしまい、送金に遅延が発生しました。

実はその遅延を解消するため、以前、取引所が送金手数料を上げ対策をとりました。
しかし、それでも解消されず今回のコインチェックの発表に繋がりました。
それだけ仮想通貨に多くの新規参入者が増え続けている証拠です。

仮想通貨の送金詰まりは取引所の責任ではないのか?

結論からいうとイーサリアムの送金詰まりは取引所のコインチェックには責任はありません。
ビットコインやイーサリアムのシステムの処理能力の問題なんです。

さらに、そのシステムは各取引所が持っているのではありません。
世界中のネットワークに分散しているのです。

取引所が取引履歴を送信しても、その先のイーサリアムの処理が追いついていないので「待ち」の状態になってしまいます。

<簡単な説明になります>
※実際の詳細とは異なりますのでご注意ください。

仮想通貨の送金

↓(海外取引所に送金をお願いします)

取引所(コインチェック)

↓(かしこまりました、送金をイーサリアムで送ります)

イーサリアムのシステム

(ちょっと待って!現在注文多すぎて処理仕切れていないから)

海外取引所

では今後、どういう風に仮想通貨の送金詰まりを解消していくのか。

ここで出てくるのがリップル(XRP)です。
リップルの送金スピードはわずか4秒。
そして1秒間に1,500件の処理能力を持っています。

多くの仮想通貨の利用者が現在ではリップルの送金に移っています。
リップルを知らない方もご安心ください。
リップルはビットコインに次ぐ2位(※時価総額)になり、世界中の共通コインとなりうる存在です。
世界中の銀行だけでなく、日本の銀行もリップルのシステムを使い始めました。
そのことが2018年1月4日に新聞記事に載ったほどです。
リップルの新聞記事の情報は過去ブログをどうぞ。

その他にもビットコインキャッシュやライトコインなどの仮想通貨もあります。

このように送金詰まりは他の仮想通貨を使い解消することができます。

なので取引所に責任を問わないでもらえたら嬉しいです。

みんなで色々な仮想通貨を使いスムーズな取引ができるようにしていければいいですね。

※このサイトは情報を提供しているサイトであり、購入に関しては各個人の責任の範囲内で、無理のない資産運用でご購入をお願いいたします。

<購入仮想通貨/本日のチャート (1/6)>

リップルを追加購入しました!
将来性が高いので今年どこまで上がるか期待です。

さらに海外勢(バイナンス)の高騰が強いです。
資産上昇の底上げをしてくれています。

次回からは海外勢の購入に力を入れていきます。

<初回購入金額> -> <本日の金額>
・リップル
¥42 -> ¥330(午前に落ちましたね。明日、明後日でさらに落ちるかもしれませんが、本日¥300で追加購入しました)
・ライトコイン
¥28,000 -> ¥34,230(頑張れー!)
・ビットコインキャッシュ
¥290,000 -> ¥301,780(ビットコインキャッシュもこのまま頑張ってください。)
・リスク
¥1,500 -> ¥3,520(上昇してきました!)
・ネム
¥108 -> ¥192(ネムバー行きたい…)
・ADA(エイダ/カルダノ)
$0.51 -> $1.04(エイダはこれからですね。楽しみです。)
・XVG(バージ)
$0.06 -> $0.17(安定します。)
・TRX(トロン)
$0.03 -> $0.17(本日最大0.27まで上がりました。)

-仮想通貨最新情報, 初心者のための仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【速報】バイナンスでハッキング、フィッシング詐欺?!バイナンス利用者は注意を!

バイナンス利用者はご注意ください! ハッキング、もしくはフィッシング詐欺というんですか。 バイナンスでフィッシング詐欺が横行しています。 ログインした後にエラーになる人はストップしてください。 そのあ …

仮想通貨の初心者による投資17日目!2017年12月30日のリップル爆上がり(¥290越え)の秘密。

仮想通貨の初心者が長期保有の投資を始めて、17日目が経過しました。昨日12月30日にリップルの仮想通貨XRPが爆上がりしました。 実はあのリップルの爆上がりには理由がありました。

【速報・まとめ】コインチェックが緊急記者会見!リアルタイムで記者会見の内容をまとめお届けします。

記者会見が始まりました。 コインチェックの機能停止の説明を行っています。

仮想通貨はもう終わり?それとももう一度復活する?ビットコインとその他の仮想通貨の意外な繋がり。

最近はビットコインが暴落し、低迷し続けていますね。 そして、ビットコイン以外の仮想通貨(ビットコイン以外をアルトコインと言います)も同じような動きで暴落しています。

仮想通貨の初心者による投資5日目。仮想通貨購入時の指標と長期保有についてのお話。

仮想通貨の初心者が長期保有の投資を始めて、5日目が経過しました。 チャートが確実に上がっています。 仮想通貨初心者でも全てのチャートが着実に上がりました。

ビットコインの購入はGMOコイン

人気記事一覧はこちらから

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で